ドラゴンクエスト 4コママンガ大全集 エニックス スクウェア・エニックス 【ドラクエグッズ レビュー】

つよさをみる(商品概要)

発売日2000年8月~
希望小売価格税別571円
メーカーエニックス
スクウェア・エニックス
重量公式発表: – g
当方実測:290g前後
サイズ
公式発表: – ㎝
当方実測:21×15×1.3㎝

4コママンガ劇場の後継シリーズとして登場したアンソロジーコミック

全7巻続きました

内容はナンバリングタイトル1~7と、DQM・DQM2を取り扱っています

みため(外観)

2003年4月に、スクウェアとエニックスが合併したので、それ以前は「エニックス」、それ以降は「スクウェア・エニックス」になっています

表紙は、1巻は可愛らしい雰囲気ですが、それ以降は濃い色使いでギュウギュウにしっかり描かれています

2巻の裏表紙に書かれているオフショットのような絵がとても大好きです!

報われることが少ないDQⅤですが、こういう家族団らん的なのはほっこりしていいですねw

1~7巻を通して、ロトシリーズ・天空シリーズ・モンスターズシリーズ・ドラクエ7などに区切られているので割と見やすく改善されているように感じました

とりあえず、1巻に参加している作者だけですが紹介しておきます

神崎りゅう子 4コマクラブ出身 無印シリーズの14巻以降に登場しその後はほぼ常連となっているようです

村上ゆみ子 後期~末期まで活躍した漫画家 鳥山明に非常に似ている画風+しっかりとしたネタで、人気が高かった

天空宇宙流 ドラクエ系4コマ後期~末期まで活躍した作家

越後屋サイバン 中期~後期に活躍した漫画家 「獄中刑事サイバン」「出所サイバン」「cyban」などペンネームを数回変更しています

龍波小鳥 4コマクラブ出身者 2000年~2005年にドラクエ系4コマで活躍しました

なかがわはてな ドラクエ系4コマ後期に参加していた作家

田村きいろ 無印の6巻では「きいろ」というペンネームでした 6巻からかなり後期まで活躍した漫画家

藤田佳子 中期~末期まで活躍した漫画家 温かみのある作画が特徴的

栗本和博 ドラクエ4コママンガのほぼ全てに執筆し続けたすごい人 「怪傑大ねずみ」などのオリジナルキャラが多数います

結城まさのへ 4コマクラブ出身者 ドラクエ4コマでは1998年~2005年に活躍しました

池野カエル 中期から現在まで活躍の漫画家 4コマクラブ出身者

白鳥ハト 詳細は不明 ポケモンの4コマも描いていたようです

ふじいたかし ほのぼのとした絵にブラックな内容の漫画が特徴

野原すずかけ 無印シリーズ14巻から登場の漫画家 ほのぼのネタが多め

神田達志 ドラクエ4コマでは合わせて48巻に参加した漫画家 投稿作品も番外編で多数掲載されました

堀口レオ ドラクエ4コマ末期に活躍した漫画家

小椋みき 12巻~20巻まで活躍した漫画家 派生作品にも多数掲載されています

山崎渉 非常に鳥山明っぽい画風で見やすい絵です 攻めたネタを書くことも多い

本書から、作家さんの裏話を一人1ページ使って書かれている「楽屋裏」が、巻末にまとめて掲載されるようになりました

楽屋裏が好きでない当方にとってはとてもありがたい変更点です!!

レア度・おかね(入手難易度・価格)

★★★☆☆ 流通量:少ない  価格:普通

フリマアプリ・Amazonでは出品はありますが、流通量は少なめだと感じます

Amazonでは一部プレミア価格になっているものもありますが、フリマアプリなどでは定価ぐらいの価格で取引されていることが多いです

今現在なら入手はまだしやすいと思います

ひょうか(評価)

★★★☆☆ レイアウトは大幅に改善されています

マンガ自体の内容は人によって感じ方が違うと思いますが、中身のレイアウトは大幅に改善されていると感じました

ロトシリーズ・天空シリーズなどに分けることで興味のある物をまとめて読めたり、楽屋裏が巻末にまとめられたりといい仕事しています

カラーページが無くなったのは残念ですが、コスト削減はしょうがないでしょう…

ドラクエ好きならどうぞ

そして最後に…

他のドラクエグッズもどんどん紹介していきますので、もしよろしければそちらもご覧ください 最後までありがとうございました

コメント

タイトルとURLをコピーしました