ドラゴンクエスト ふくびき所スペシャル さいごの一枚で賞 エスターク ブルーバージョン 【ドラクエグッズ レビュー】

つよさをみる(キャラクター概要)

初登場はドラゴンクエストⅣからで、ラスボスではないが、ラスボス級の扱いを受けているモンスター

地獄の帝王らしく、以降の作品でも裏ボスなどでよく目にする機会がある⇒その際はよく見かける茶色カラーばかり

大抵は寝起きの状態で戦闘に入るため、好戦的な印象はないが、非常に強烈な攻撃ばかりしてくる強敵

今回紹介の青色バージョンはドラゴンクエスト4で登場するものです

なぜ4だけ青色なのかは色々な憶測がありますが、決定的な説はありません

そのへんのエスタークについての詳しい情報はドラゴンクエスト大辞典

つよさをみる(商品概要)

2012年11月頃に「ドラゴンクエストXとおおいなる冒険の軌跡編」として、ふくびき所スペシャルで登場しました

商品名の通り、さいごの一枚を引けば無条件でもらえるグッズでした

正式名称は「ソフビモンスター」シリーズではありませんが、作りや規格からソフビモンスターの仲間だと思って問題ないと思います

本家のソフビモンスターには、種類それぞれに三桁のナンバーが割り振られていますが、エスタークブルーバージョンに番号は無く、さいごの一枚で賞だけになります

みため(外観)

ソフビモンスターシリーズは箱無しでの販売ですが、今回のエスタークブルーバージョンはもともと箱がありました

威風堂々という言葉がぴったりな構え

ドラゴンクエスト5以降の茶色のイメージが強くて青色は少し違和感がありますね

ドラゴンクエスト4好きの方には馴染みがあると思います

ぐるっと一周

こまかく(細部)

顔面の色分けは結構細かく色分けされている印象

まぁ若干の雑さもありますが、こんなもんでしょう

赤目がカッコいいですね

頭部の左ツノの付け根に少し隙間があります

腹筋はものすごいですね

ボディ上と下は別パーツで、接着はされておらず、1㎜程度ですが、動きます

ツメも白色に色分けされています こちらはとてもキレイに塗られています

両手に持っている剣は金色です カッコいい!

足は一回転させることができますが、重心が前気味なので、ちゃんと指を前にしないと直立してくれないので、結局は定位置で落ち着くと思います

腕はほんの少しですが上がります 肩が邪魔でこれ以上あがりません

おおきさ・おもさ(サイズ・重量)

サイズは 横15.5㎝、奥行7.5㎝、高さ11.5㎝ほどでした

重量は73ℊ

ソフビモンスターの茶色エスタークとほぼ同じでした

レア度・おかね(入手難易度・価格)

詳細は検索してもわからなかったのですが、同年2月に行われたふくびき所スペシャルが1回500円だったようなので、それに近い価格で福引き出来たのだと思います

2021年2月時点ではAmazonで12000円というプレミア価格のものしかありませんでした

フリマアプリなどでは2000円~3000円で取引がされているので、そちらで探してみてください

ほかのグッズ(同キャラのグッズ)

ほかのグッズ(同シリーズのもの)

ひょうか(評価)

★★★★☆ カッコいい佇まい ドラクエ4ファンにおすすめの逸品

多少の作りの雑さも無いことはないですが、わりとしっかり作られています

ソフビモンスターの茶色エスタークと一緒に飾ってほしいですね

個人的にドラクエ4よりもドラクエ5の方が思い入れが強いので星1個マイナスです

そして最後に…

他のドラクエグッズもどんどんレビューしていきますので、もしよろしければそちらもご覧ください 最後までありがとうございました

コメント

タイトルとURLをコピーしました