ドラゴンクエスト ソフビモンスター シドー 限定メタリックカラーバージョン 002  【ドラクエグッズ レビュー】

つよさをみる(キャラクター概要)

初登場はドラゴンクエストⅡで、真のラスボスです

鬼畜難易度のドラゴンクエストⅡのラスボスらしく、ボスなのに「ベホマ」を使って全回復してしまうという珍しいラスボス

召喚されてすぐに戦闘に入るため、ドラゴンクエストビルダーズ2で色々語られるまでは謎の塊のようなキャラでした

破壊神シドーについての詳しい情報はドラゴンクエスト大辞典でどうぞ

つよさをみる(商品概要)

発売は2009年12月ごろで、同シリーズのメタリックカラーバージョンのりゅうおうとゾーマも同時に発売されました

通常のソフビモンスターにも三桁のナンバーが割り振られていますが、こちらの限定バージョンはそれとは別にナンバーが付けられています

今回の限定版シドーは「限定メタリックカラーバージョン002」です

ちなみに通常バージョンのシドーは018です

みため(外観)

※今回のフィギュアは未開封品だったので、申し訳ないですが未開封のままの画像のみとなります 未開封なことに価値があると考えていますのでご了承ください

通常バージョンのソフビモンスターはむき出しで販売されているのに対して限定メタリックカラーバージョンはしっかり箱に梱包されていて特別感がいいです

さらに言えば通常バージョンはソフビ本体にタグピンが刺さっているのでタグピンの穴が無いのもうれしいです

こまかく(細部)

型番はEP1706

ナンバーは002が与えられているようです

同時に発売された限定メタリックカラーバージョンのりゅうおうとゾーマが書かれています

後に4~6のボスも限定メタリックカラーバージョンで販売されています

通常バージョンのシドーと比べてかなり配色が違います

特に目立つのが翼の色です

通常バージョンは紫色だったのに対し、限定メタリックカラーバージョンはシルバーに近い色になっています

かなり高級感がありカッコよくなっています

おおきさ(サイズ)

箱のサイズはかなり大きく、195×155×215㎜ほどです

ソフビ自体のサイズは通常バージョンと一緒なので 、横150㎜、奥行き130㎜、高さ160㎜ほどだと思われます

おもさ(重量)

総重量は479ℊで、かなり重めです

ソフビ重量は通常バージョンが207ℊほどなのでそれに近い重さだと思います

おかね(価格)

2009年発売当時の定価は2750円でした

通常バージョンが2000円程なのを考えるとかなり安めの設定だったと思います

2020年9月時点では当然ですが廃盤品となっています

Amazonでは安いものでも12000円程のプレミア価格のものしかありませんでした

レア度(入手難易度)

★★★★☆ かなりレア

2020年9月時点では12000円ほどでAmazonで入手可能なので、お金に余裕があれば入手は可能ですが、定価の5倍近いプレミア価格となってしまいます

状態を気にしないのであれば、フリマアプリなどで4000円ほどでの取引実績もあります

ちかいもの(比較)

通常バージョンと限定メタリックカラーバージョンを比較してみました

やはり光沢があるだけで高級感が違います

ほかのグッズ(同キャラのグッズ)

ほかのグッズ(同シリーズのもの)

ひょうか(評価)

★★★★☆ 高級感があって通常バージョンよりも大人向け

通常バージョンのソフビは子供が遊ぶこともあるかもしれませんが、今回のメタリックカラーバージョンは大人向け観賞用フィギュアに分類されると思います

ブリスター付きの箱に入っているのでそのまま飾るのもアリです

今現在ではメタリックモンスターズのシドーも商品化されているので大人向けフィギュアという意味ではそちらにやや負けている感じもしますが、これはこれでいい!

ぜひ1~6のボスを集めてみましょう

そして最後に…

他のドラクエグッズもどんどんレビューしていきますので、もしよろしければそちらもご覧ください。

最後までありがとうございました

コメント

タイトルとURLをコピーしました