ドラゴンクエスト AM ビッグぬいぐるみ ホイミスライム 【ドラクエグッズ レビュー】

つよさをみる(キャラクター概要)

登場はドラゴンクエストⅡからで、その名の通り執拗にホイミを唱えまくるせいで戦闘が長くなるとてもめんどくさいキャラ

逆に、ドラゴンクエスト4以降では仲間キャラになる場合が増えてきてとても頼りになる仲間として認知されてきました

ドラゴンクエスト4ではホイミンという固有名もあり、仲間モンスターのパイオニア的存在

外伝作品などではほとんど出演しているなど人気も高い

ホイミスライムについての詳しい情報はドラゴンクエスト大辞典でどうぞ

つよさをみる(商品概要) 

2016年10月頃に登場した大きめのぬいぐるみ

同シリーズのビッグぬいぐるみの中では小さく感じますが、脚を含めた全長は中々の大きさです

詳しくはTAITOホームページでどうぞ

みため(外観)

おにぎり型の頭に触手が付いています

頭部分は8方向から生地が集まってきてます

こまかく(細部)

足は全部で9本で、キレイに並んで生えてます

結構しっかりと縫い付けられています

白目部分は黄色になっています 白目部分が白いホイミスライムもゲームによってはいるようですが、今では黄色で統一されているようです

おおきさ(サイズ)

サイズは縦が450㎜、横が280㎜、奥行きが90㎜、200㎜ほどでした

おもさ(重量)

重量は357ℊほどでした

おかね(価格)

アミューズメントグッズなので公式では販売されていません

2020年8月時点ではAmazonにて2000円ちょっとで出品されていました

プレミア価格は付いていないようなのでドラクエグッズの中ではかなり入手しやすい方だと思います

ほかのグッズ(同キャラのグッズ)

愛されキャラのホイミスライムはぬいぐるみだけでもそれなりにバリエーションがあります

ぬいぐるみ以外にもめちゃくちゃグッズ化されています

ひょうか(評価)

★★★☆☆ スマイルスライムの物や、ベンダブルタイプのホイミスライムに比べるとちょっと微妙

これ単品だとかわいいぬいぐるみだと思いますが、プライズ品ではなく、スクエニ公式が販売しているものの方が全体的に作りが良く、正直なところ値段以外でこちらのぬいぐるみを選ぶ理由がありません…

ベンダブルタイプは足を自由に動かせて色んなポーズを取らせるのが楽しいですし、公式の通常のぬいぐるみは頭部の形がかなりしっかり作られているので良いです(値段は高いですが)

ホイミスライムが好きだけどぬいぐるみに高いお金は出せない人はぜひこの子を探してあげてください

ホイミンとツーショット(サイズ比較)

ビッグぬいぐるみとベンダブルタイプのホイミスライム比較

そして最後に…

他のドラクエグッズもどんどんレビューしていきますので、もしよろしければそちらもご覧ください 最後までありがとうございました

コメント

タイトルとURLをコピーしました