ドラゴンクエスト ソフビモンスター ゾーマ 012 【ドラクエグッズ レビュー】

つよさをみる(キャラクター概要)

初登場はドラゴンクエストⅢからで、社会現象にまでなったドラクエ3のラスボスとしてかなりの知名度と人気があります

ドラクエ好きで知らない人はいないのではないでしょうか?

ゾーマについての詳しい情報はドラゴンクエスト大辞典でどうぞ

つよさをみる(商品概要) 

2007年頃から発売のソフトビニールでできたフィギュア(ゾーマの発売日は不明)

正式名称が「ソフビモンスター」シリーズ

種類それぞれに三桁のナンバーが割り振られていて、 ゾーマは 012

2020年6月時点では今回紹介する「 ゾーマ」はすでに廃盤になっていましたが、2020年7月に再販されるようです

気になる方は売り切れ前に購入しましょう

一部のモンスターは再販もされていたことがあり、再販時に定価が変わることもあります

みため(外観)

大魔王としての威厳アリアリな佇まいは流石ゾーマです

ぐるっと一周

こまかく(細部)

顔はしっかりと色分けされていて素晴らしいです

ゾーマって横から見るとものすごくシャクレ顔だったんですねW

ネックレス部分は塗りわけでは無く別パーツを接着しています 細かいです

爪部分は白で塗られていますマニュキアみたい

首飾りのどくろも別パーツでしっかり作られています

足裏面にはロゴが入っています

底パーツは少し色が濃い素材で作られています

靴の一部に水色の塗装がされています

左手は完全に接着されていて動きませんが、右手は結構動きます

顔の横当たりの服やネックレスが集まる密集地帯は塗装が少し雑です

後ろにはタグ穴が開いています

タグに印刷されているゾーマは迫力ありますね

同シリーズのゾーマの初期の物と再販版の物を比べてみました

画像の左側が古いタイプで右側が再販版です

日焼けなどで変色した可能性もありますが、マントの色などがかなり違うのがわかりますね

初期の物と再販のものの区別の仕方はタグにメールアドレスが書かれているかどうかで判断しました

おおきさ(サイズ)

サイズは横が125㎜、奥行きが120㎜、高さは120㎜ほどでした

おもさ(重量)

重量はタグ付きで180ℊほどでした

ソフビモンスターシリーズの中ではなかなか重いほうになります

おかね(価格)

発売日は2007年以降という以外不明です

2020年6月時点では公式では廃盤扱いとなっていますが、最初に書いた通り2020年7月に再販するようなのでほしい方はこの機会にぜひ入手してください

再販前は7000円近いプレミア価格のものしかなかったので今がチャンスです!

ちかいもの(比較)

プライズ品の「伝説の魔王フィギュア ゾーマ」と並べてみました

左側の大きい方がプライズ品で、右の小さい方が今回のソフビモンスターゾーマです

比べると、プライズ品の方がキレイに見えますが、ソフビモンスターの方がわざと黒を吹き付けて重厚感をだしているのがわかります

好みにもよりますが、個人的にはソフビモンスターの塗装の方が好きですね

顔の造形もかなり違います

兜の厚みも違うので印象が結構ちがいます

マントに至っては別物の色です

ソフビモンスターの方は底にスクエニロゴがあるのに対してプライズ品の方は底にロゴはありません

ゾーマはいろんなグッズが販売されていますのでそちらもどうぞ ↓

ひょうか(評価)

★★★★★ 文句なし ドラクエ好きなら持っていて損はないでしょう

細かいパーツが接着されているので、子どものおもちゃというよりは大人が飾るための物だと思います

同シリーズのなかでは重量もあり塗装も悪くないので観賞用として十分なクオリティです

ただ、物によっては塗装が違うので状態はしっかり見たうえで購入することをお勧めします

大魔王を部屋に飾りましょう!

そして最後に…

他のドラクエグッズもどんどんレビューしていきますので、もしよろしければそちらもご覧ください。

最後までありがとうございました

コメント

タイトルとURLをコピーしました